北海道産業人材育成ネットワーク
 ホーム 企業における人材育成"注目!"事例 詳細 <<平成29年度北海道産業人材育成企業知事表彰受賞企業>> 前のページへもどる
企業における人材育成注目事例 詳細

企業名・団体名 社会福祉法人 黒松内つくし園
企業概要 ■事業内容:
 ・昭和31年創立
 ・黒松町内で児童養護施設、認定こども園、障害児・障害者、高齢者福祉施設、介護老人保健施設、
  倶知安町で障害者グループホーム・就労支援施設、高齢者福祉施設、京極町・泊村で高齢者福祉
  施設を経営し、後志管内4町村であわせて社会福祉事業第一種10事業、第二種33事業、公益事
  業14事業を展開している。
 ・「利用者の自立支援(1)を目的に、利用者主体のサービスを提供(2)するとともに役職員が専門的な
  知識・技術を習得(3)し、社会に貢献(4)すること」の4つの柱として、社会福祉事業発展に寄与する
  倫理要領を掲げ、児童から障害者、高齢者まで利用者の幸せを追求する福祉事業を展開している。
■住所:
  寿都郡黒松内町字黒松内562番地1
■TEL:
  0136-77-2833
■FAX:
  0136-75-7211
■URL:
  http://www.tsukushien.or.jp/
事例内容 1 人材育成の方針
 ・職場研修規程・人事考課規程のなかで「各自号所の使命・目的・機能を達成するために、職員に
  必要とされる資質能力の開発と向上を図るとともに、職員一人ひとりの自己成長と自己実現を支援
  し、福祉サービス利用者への信頼に応えうる人材育成をすること」「職員の能力開発及び育成、職
  務改善及び処遇の適正化を図り、職員の勤労意欲の高揚及び経営効率の向上を期すること」と位
  置づけ明文化し、各事業所職員に周知するとともに、人材育成のための様々な取組を法人全体・
  各事業所内で積極的に展開している。

2 能力開発制度、技術認定制度
 ・法人全体に年間研修計画を設け、初任職員・中堅職員・幹部職員の階層別に研修を実施。各階層
  職員は階層役割に基づき、一回の研修で終わるのではなく年3回研修を設けフォローアップ、能力
  開発の支援、コミュニケーションの充実など、それぞれの事業所に必要な各種資格取得のため受験
  日等は出張扱いとして、資格取得後は手当を支給している。
 ・20数年前から職場の業務改善、利用者サービスの向上を目的に福祉QC活動を取り入れている。
  また、専門の講師を招き年一回の法人内発表会を開催。アドバイスを受けながら、全国発表大会
  などの事業所を選出している。

3 次の時代の産業の担い手の育成
 ・福祉系の大学、短大、専門学校等の現場実習は、平成28年度において、全施設で75名を超える
  学生を受け入れている。実習期間中は、当法人が児童・高齢者・障害者の他業種の施設を経営し
  ている利点を活かし、実習以外の施設見学などを行い、社会福祉事業全般にわたり関心を深めて
  いただくための取り組みを実施している。実習に係る施設への食費などを法人で負担している。
  また中高生の職場体験やボランティアの受入れも積極的に行っている。
備考 平成29年度 北海道産業人材育成企業知事表彰受賞

このページのトップへ戻る▲
北海道産業人材育成ネットワーク
このサイトについて お問い合せ