北海道産業人材育成ネットワーク
 ホーム 企業における人材育成"注目!"事例 詳細 <<平成26年度北海道産業人材育成企業知事表彰受賞企業>> 前のページへもどる
企業における人材育成注目事例 詳細

企業名・団体名 社会福祉法人 室蘭言泉学園
企業概要 ■事業内容:
 ・室蘭市において、児童養護施設、各種障害福祉サービス事業などを運営する社会福祉法人。
 ・昭和24年、ろうあ児童施設室蘭言泉として北海道知事認可を受ける。
 ・現在は、7事業所で17事業を展開し、利用者本位の福祉サービスの提供に努めている。

■住所:
 室蘭市母恋北町1丁目4番2号
■TEL:
 0143-50-6720
■URL:
 http://www5.plala.or.jp/gensen/
事例内容 ①人材育成の方針
 ・利用者の自立支援とサービスの質(QOL)の向上を図るため、日常業務を通じた研修を基本
  に、専門性や組織性、倫理観など目標をもって、職務を通じての研修(OJT)、職務を離れて
  の研修(OFF-JT)、職場の長が認めた自己啓発研修(SDS)を総合的に行っている。ま
  た、職務経験や職種、職制に応じた研修機会を設けるとともに、職員の成長と組織の発展を
  目指して研修を実施している。
 ・人事考課は、職員の段階(一般職・一般指導職・指導職・管理職)を組織の期待像に照らして合
  わせた基準に基づき評価することで、公平な処遇を図っている。また、職場の長が一次評価、二
  次評価を通し育成面接を行い法人の基本理念の浸透と計画(PLAN)、実施(DO)、確認
  (CHECK)、改善(ACTION)のマネジメントサイクルを通じて、一般職から管理職等への段階
  的なキャリアアップ形成を図っている。



②能力開発制度、技術認定制度
 ・研修制度は、職務を通じての研修(OJT)、職務を離れての研修(OFF-JT)、自己啓発研修
  (SDS)の形態に体系化し、研修課題に応じ相互に補完しあいながら効果的、総合的に進めて
  いる。
 ・事業に必要とする資格取得には、旅費、受講料の法人負担、公務出張扱いや職務専念の義務
  免除など取得しやすい環境を整備している。また、社会福祉士、介護福祉士などの合格者には、
  法人後援会より奨励金を支給する制度があるほか、法人が入会している共済会組織から研修
  助成金が支給されている。

③次の時代の産業の担い手の育成
 ・地域貢献及び福祉事業の人材養成の観点から意欲的に、小中学生から大学生までの方に各
  事業所で研修・就業体験を行っている。平成24年度は91名、平成25年度は92名が研修・
  就業体験をしており、小学5・6年生が障がい者とパン製造を行い、障がい者への理解と職業観
  の醸成を図っている。

備考 平成26年度 北海道産業人材育成企業知事表彰受賞

このページのトップへ戻る▲
北海道産業人材育成ネットワーク
このサイトについて お問い合せ