北海道産業人材育成ネットワーク
 ホーム 企業における人材育成"注目!"事例 詳細 <<平成26年度北海道産業人材育成企業知事表彰受賞企業>> 前のページへもどる
企業における人材育成注目事例 詳細

企業名・団体名 株式会社 エコニクス
企業概要 ■事業内容:
 ・昭和48年に(株)北海道潜水センターを設立し、海洋環境調査を開始
 ・現在は、札幌テクノパークに本社を置き、泊村に事業所、恵庭駅近隣にリサーチラボ、平成26年
  に函館国際水産・海洋総合研究センター内にマリンラボを開設、環境に関する企画、計画、調査、
  研究、解析、設計、提案を手がける環境コンサルティングを営んでいる。
 ・社会貢献として、森林資源の維持増進に寄与するためのエコニクスの森林保全や沿岸部の磯焼
  けを克服するための藻場造成事業に取り組んでいる。
■住所:
 札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目2番14号
■TEL:
 011-807-6811
■FAX:
 011-807-6800
■URL:
 http://www.econixe.co.jp/
事例内容 ①人材育成の方針
 ・社員の職務遂行能力を正しく把握し、それを適正に処遇に反映するとともに、その能力をより
  一層レベルアップすることを目的に「目標管理制度」を導入している。
 ・個人の目標設定は、「目標・行動計画・評価シート」を利用して品質向上、市場開拓、行動計画、
  業務改善から2つ以上選択し、具体的な行動内容、行動計画、達成指標/達成基準を明確に
  してから進めている。
  また、目標設定、中間評価、期末評価の時期に一次考課者だけでなく、二次考課者と3回面談
  し、キャリアデザインを含め評価に対する納得性とコミュニケーションを向上させている。

②能力開発制度、技術認定制度
 ・毎年4月に社内研修発表会を開催し、新入社員、入社2年目、入社6年目の社員が、それぞれ
  大学での研究や知識、それまでの経験、所属部門の育成や実績を発表しており、社長賞など
  朝礼で賞状と報奨金を授与している。
 ・新入社員は、週毎に業務ノートを作成、公表しており、決められたメンター(先輩)や上司の助言
  等を通じて技術の伝承と育成を図っている。
 ・資格取得や社外研修には、研修費規定により受講料などの費用を負担している。最近では、深
  層水利活用に関し台湾への海外研修があり、その後の業務に成果を出している。
 ・品質管理システム(QMS)上で、その人が持っている技術レベルを経験と実績を踏まえ社内
  資格として認定している。公共事業の受注に関する必要な資格など技術認定制度による登録を
  活用している。

③次の時代の産業の担い手の育成
 ・大学生や中国人留学生を受け入れ、社員へのプレゼンや報告書の作成・提出などを通じて社会
  人としての基本的な仕事の進め方やビジネスマナーを学んでもらっている。
 ・社員のボランティア活動では、小中学生にえにわ湖の水質調査の体験を実施している。

備考 平成26年度 北海道産業人材育成企業知事表彰受賞

このページのトップへ戻る▲
北海道産業人材育成ネットワーク
このサイトについて お問い合せ